スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    SFの巨匠、アーサー・C・クラークさんの生涯

    0
      JUGEMテーマ:SF小説

      3月19日に作家のアーサー・C・クラーク氏が死去されました。
      SFの歴史そのものの様な方でした。
      氏の作品は一見ハードで専門的で難しい印象がありますが、私は「人間」を見据えたファンタジー溢れる作品だと思っています。
      一つの時代が終わった気がします。

      ご冥福をお祈りいたします。


      人気Blogランキング

      t-nanase * * 11:08 * comments(0) * trackbacks(0)

      憑神

      0
        評価:
        浅田 次郎
        新潮社
        ¥ 540
        (2007-04)
        えー「憑神」を読みました。
        最近読んだ本の中では一押しです。
        妻夫木聡主演で映画が公開されたばかりです。

        時は幕末。将軍の影武者を代々務めてきた由緒ある家柄の出である別所彦四郎は、幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かったのですが、やる事なす事うまくいきません。ある日見つけた三巡(みめぐり)稲荷に祈ったところ、彦四郎は災いの神様を呼び寄せてしまいました。不幸の神様たちに取り憑かれてしまった彦四郎の運命は。

        以下若干のネタばれです。

        続きを読む >>
        t-nanase * * 23:03 * comments(0) * trackbacks(0)

        哀しみは・・・。

        0
          プルートウ―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
          プルートウ―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
          浦沢 直樹,手塚 治虫,手塚 真

          またまた遅いんですが、プルートウの4巻目を読みました。
          以下ネタばれです。
          続きを読む >>
          t-nanase * * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0)

          ロケッティア

          0
            夏のロケット
            夏のロケット
            川端 裕人

            先日書いた記事でも少し触れましたが、「夏のロケット」の紹介です。

            主人公は30代前半の新聞社の科学部担当記者。
            過激派のミサイル爆発事件の取材で同期の女性記者を手伝ううちに高校時代の天文部ロケット班のカゲに気づく。
            以下、若干のネタばれです。
            続きを読む >>
            t-nanase * * 18:15 * comments(2) * trackbacks(2)

            どこまでも、青い空が

            0
              ブルースカイ
              ブルースカイ
              桜庭 一樹
              以前、「帰還」という作品を作りました。
              青い空から少女が舞い降りてくる作品です。
              自分では、全く意識していないにも拘らず同じようなテーマやモチーフの作品に出会うことがあるんですね。「帰還」を作った後にこの「ブルースカイ」に出会いました。
              本当にたまたま書店で手に取った本です。
              空から、青い空から少女が舞い降りる話です。

              以下若干のネタばれです。
              続きを読む >>
              t-nanase * * 22:57 * comments(0) * trackbacks(1)