漫画お題2つ

0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ


    気になる話題があったので、取り合えずUPします。
    一つ目は星野之宣氏の新作連載です。
    これはガチで凄そうですな。ジャイアント馬場とアントニオ猪木のタッグ並の破壊力(笑)。


    二つ目は新海監督の新作「星を追う子ども」のコミカライズ情報。
    映画公開前からコミカライズかぁ。うーむ。でも嬉しい。


    ちなみに「星を追う子ども」公式サイトはこちら
    t-nanase * 情報 * 12:56 * comments(0) * trackbacks(0)

    あかつきぃぃぃぃ!

    0
      JUGEMテーマ:ニュース

      金星探査機「あかつき」金星の周回軌道に入れず・・・・。
      JAXAの関連記事はこちら

      しかし、また某○主党の事業なんとかかんとかで叩かれるんだろうなあ!しかも今回は失敗だし。
      OPENでは無い状態でいつの間にか「仕分け」されるんでしょうか?
      「誤魔化し」と、「まやかし」と「いつのまにか」という武器を持ってますからねえ。

      宇宙開発事業は金がかかるからなあ。まして、すぐに役に立つ訳でもないし。
      どれだけの資金をどこにどれだけ配分するかは難しいことではありますが。

      6年後に再挑戦との事。「絶対にあきらめない」は日本の科学の誇るべき点です。
      頑張れ「あかつき」頑張れJAXA!
      t-nanase * 情報 * 08:40 * comments(0) * trackbacks(0)

      「あかつき」遂に金星に!

      0
        JUGEMテーマ:ニュース


        日本の惑星探査機「あかつき(PLANET-C)」が明日(12月7日)午前8時49分(日本時間)に実施する金星周回軌道投入の準備を整えました。

        「あかつき」は、金星表面からの距離300kmから8万kmまで変化する楕円軌道に投入されます。この距離の違いを利用して、金星全体の気象現象や地表面を広い範囲で調べたり、金星から宇宙空間へと逃げ出す大気の観測や雲のクローズアップ撮影を行います。また金星表面には毎秒100mにも達する「スーパーローテーション」と呼ばれる暴風が吹き荒れていますが、これまでこの自転速度の60倍にも及ぶ風速が発生する原因は気象学的にも理由がつかず、金星最大の謎とされてきました。「あかつき」では、雲の下の大気や地表の様子までを赤外線による観測を行ってその謎の解明に迫ります。その他、これまで確証のつかめなかった金星での雷の放電現象や、火山活動の有無等を調査することもミッションに含まれています。※あかつき特設サイトからの記事抜粋(http://www.jaxa.jp/countdown/f17/overview/akatsuki_j.html)

        そして、なんと「あかつき」の金星着陸の様子がライブで放映!12月7日の午前8時から10時の予定だそうです。
        ライブはこちら
        JAXAの「あかつき特設サイト」はこちら

        今年は日本の宇宙開発における画期的な年になりそうですね。
        t-nanase * 情報 * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0)

        はやぶさ2予算増額嘆願署名

        0
          JUGEMテーマ:ニュース

          下記のURLにて、小惑星探査機「はやぶさ」の後継機開発の為の予算増額嘆願署名が始まりました。
          先の「事業仕分け」において大幅に削減され、実質断念せざるを得ない状況のようです。
          興味のある方はどうぞ。

          オンライン署名サイト「署名TV」
          はやぶさ2予算増額の嘆願署名はこちら

          ※ID登録等必要になります。
          ※実名での署名となります(オンライン上での表示では匿名表示が可能です)
          t-nanase * 情報 * 09:48 * comments(0) * trackbacks(0)

          おかえり、「はやぶさ」

          0
            JUGEMテーマ:ニュース

            60億キロ・7年に及ぶ旅を終えて日本の小惑星探査機「はやぶさ」が、地球に帰還しました。(カプセル切り離し後、本体は燃え尽きました)
            2月に仕事で種子島に行き、「宇宙センター」を見れたのも不思議な感じがします。
            種子島から、オーストラリアの「ウーメラ砂漠」に至るまでのその長い長い1つの物語の一端に触れることが出来たのは本当に素敵な体験でした。
            「はやぶさ」から小惑星イトカワに打ち込んだ88万人の署名入りターゲットマーカーには娘2人の名前も刻まれています。
            うーん。感無量です。

            数々の困難を乗り越えてきた「はやぶさ」と開発・運営に携わった全ての方々へ「おつかれさまでした。本当にありがとうございました。」

            「はやぶさ」の帰還の様子は次の通りです。


            「はやぶさ」をテーマにした素晴らしい歌もありました。



            「はやぶさ」の詳細情報を含むJAXAのホームページはこちら
            「はやぶさ」の帰還をテーマにした、私の拙い新作「おかえり」はこちら

            あー涙腺が・・・・涙がとまらん
            t-nanase * 情報 * 22:37 * comments(0) * trackbacks(0)