<< 季節外れの雨が・・・ | main | ロケッティア >>

どこまでも、青い空が

0
    ブルースカイ
    ブルースカイ
    桜庭 一樹
    以前、「帰還」という作品を作りました。
    青い空から少女が舞い降りてくる作品です。
    自分では、全く意識していないにも拘らず同じようなテーマやモチーフの作品に出会うことがあるんですね。「帰還」を作った後にこの「ブルースカイ」に出会いました。
    本当にたまたま書店で手に取った本です。
    空から、青い空から少女が舞い降りる話です。

    以下若干のネタばれです。
    この話は、重大な事故に巻き込まれた少女が時空のハザマを彷徨う物語です。
    中世のドイツと近未来のシンガポールとほんのすぐ先の鹿児島が舞台です。
    正直言って、この本の言わんとしている事は正直言ってよくわかりません。
    ただ、最後に少女は一番悲しい場所へと帰って行きます。
    そこには、未来はありません。
    僕は、「帰還」を作った時、希望を込めました。
    でも、「ブルースカイ」を知った今、悲しい気持ちでしか自分の作品を見ることが出来ません。
    青い空だけが、透き通るほど青い空だけがそこにはあります。
    「さようなら、せかい。」少女の最後の言葉です。

    作者である、桜庭一樹氏の公式HPはこちら



    人気Blogランキング


    t-nanase * * 22:57 * comments(0) * trackbacks(1)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 22:57 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      コーヒーハウス スターバックスのブラックエプロンコーヒー豆

      スターバックスのブラックエプロンシリーズの最新作。飲んでみました。

      From コーヒーハウス 〜コーヒーの輪 @ 2006/09/18 10:19 PM